インセクトクラッシュ動画レビュー

インセクトクラッシュ動画とは

インセクトクラッシュ(insect crush)とは、生きている昆虫などを踏みつぶすというかなりコアな言葉です。

 

DUGAのインセクトクラッシュ動画はこちら

 

女性はハイヒールやブーツを履いている事が多いです。しかもヒールは高めです。

 

また素足で昆虫を踏みつぶすこともあります。

↑画像をクリックすると新・害虫駆除7の詳細ページへ移動することも出来ます。

昆虫たちは、1度の女性による踏み付けだけでは、致命傷にはならない事も多く、「虫の息」になることもあります。

 

しかし、多くはその後の2度、3度の度重なる女性の体重をかけた踏みつけにより、動かなくなり、ペシャンコになります。

 

昆虫たちが床と女性の靴の板挟みになるように、インセクトクラッシュの動画を見るのは「昆虫が可愛そう」と「見たいという衝動」のジレンマに陥ります。

女性に踏みつぶされる生き物の種類

↑画像をクリックすると害虫駆除 リターンズ3の詳細ページへ移動する事も可能です。

女性に潰される昆虫は様々です。カブトムシ、クワガタ、コオロギ、ミミズなど。

 

昆虫以外では、ザリガニ、カニ、金魚などです。

 

この中で最も女性の快楽の犠牲になるのは、潰される(クラッシュ)される時に大きな音を立てる、カブトムシ、クワガタ、ザリガニがメインです。

 

これらの甲羅で覆われた見た目では固そうに見える生き物たちと言えでも、女性が体重をかけて踏むと、簡単に潰れてしまいます。

 

昆虫が潰れる時の音は、「バキバキ」「ボキ」「プシュ」などです。

 

女性が履いている靴底と床などの形状によって音質は異なるようです。

インセクトクラッシュ動画メーカー

インセクトクラッシュはかなりマニアックなカテゴリのため、メーカーはあまり多くはありません。

 

2016年2月時点で確認できたのは、制服少女に踏まれたい!ファンシー・ゲリラ、フェチメイト、CRUSH GATE、GEN'S LABO、踏みま専科などです。

GEN'S LABOが最大手

インセクトクラッシュ動画作品を最も多くリリースしているのはGEN'S LABO(ゲンズラボ)です。

 

女性が踏む対象は昆虫や虫以外にもミニチュア(GTSクラッシュ)や食べ物(フードクラッシュ)とバリエーションも豊富です。

 

GEN'S LABOのハイヒールと体重計


赤いハイヒールが似合う女性がコオロギやカブトムシを踏みつぶしていきます。

 

体重に乗せられながら踏みつぶされていきます。

 

 

GEN'S LABOのその他の作品には以下のようなタイトルがあります。

  • 大きなお姉さん1:身長が170センチ以上の女性2名によるインセクト・クラッシュ。大きな足の下でカリカリと音を立てて消えていくビクテム達…。
  • 新・害虫駆除:7:踏み潰す...それは女性のみに許された禁断の行為。ブーツ、ミュール、パンプス...足元で砕け散る犠牲者たち。
  • 悪女5:サイハイ【超ロング】エナメルロングブーツを履いてのインセクト系クラッシュ。エナメルのサイハイ・ブーツでクラッシュ。
  • 新・害虫駆除4:次々と屑と化す生贄…束の間の快楽に酔いしれる女たち

激クラッシュ踏み潰され隊


激クラッシュ踏み潰され隊は制服の女の子が昆虫をクラッシュする作品が多いです。

 

一人では無く複数の女の子が登場するのも特徴です。クラッシュ系も制服姿の女の子も両方好きという贅沢なマニア向けの作品がとても新鮮です。

海外のインセクトクラッシュ動画 Chloe Creations


インセクトクラッシュが英語であるように、本場海外では日本では見ることが出来ないような作品があります。

 

コックローチ(ゴキブリ)を踏み潰すクラッシュ作品は日本では無いようです。

 

Chloe Creationsでは日頃害虫に悩まされるあなたの憂さを外国人女性が晴らしてくれます。

インセクトクラッシュ動画「踏癖」レビュー

踏癖は2人の女性が登場するインセクトクラッシュ動画です。

衝撃シーン1
最初は階段のシーンから。ザリガニが階段に置いてありました。

するとコツコツと女性のハイヒールに特有の音が聞こえて来たかと思うと、女性たちに潰されてしまったザリガニの姿がありました。

 

その後カブトムシも同じ状態で置かれ、こちらは二人の女性が下りと上り各4回踏まれていました。

衝撃シーン2
女性が2人でカブトムシをハイヒールで潰すシーンです。

一人の女性が靴底にカブトムシを輪ゴムで固定して、向かい合った女性とちょうどサンドイッチになるようにカブトムシをお互いのハイヒールで潰してしまう場面もありました。
殆ど虫の息のカブトムシは最後女性の全体重を受けて止めを刺されました。

衝撃シーン3
色が白い珍しいザリガニがいたのですが、女性たちはその上に厚さ1センチはあると思われる透明なガラス板を載せました。

 

それだけでもザリガニは身動きが取れない状態だったのです。女性二人はそのガラス板に一緒に乗りました。

 

二人合わせると体重は100キロ近いと思われますが、結果は想像通りでした。

 

害虫駆除α6 3悪女」レビュー

害虫駆除α⑥ 3悪女には3名の「悪女」が登場します。1人目は結構綺麗な女性が白いハイヒールでワームをブチブチ潰していきます。

 

2人目はヤンキーぽい女性が煙草をふかしながら登場。煙草の灰を近くにいるコオロギに落としたり、唾をかけたりしていました。

 

コオロギは唾を舐めているようでした。「今楽にしてやるよ」という言葉とともに女性は一思いにパープルのハイヒールでコオロギを潰してしまいました。

 

最後の女性がメインだったようで残り時間の大半は3人目の悪女でした。女性は特に綺麗というわけではないのですが、脚がとても綺麗だったのが印象的です。

 

コオロギを爪楊枝で刺したり、生足で潰したり、たばこの火を押し付けたりしていました。

 

ガーターストッキングとシルバーの輝くハイヒールに履き替えてからはザリガニの「駆除」に取り掛かりました。

 

この女性はザリガニを一気に潰したりはせず、軽く甲羅にヒビが入るくらいに踏んでいきました。

 

その間元気だったザリガニは徐々に弱っていきました。そして虫の息となったところで最後の止めの一踏みをしました。

 

ヒールの威力は床のへこみ具合でもわかりました。女性はその後これでもかというくらいザリガニを踏みつぶしていました。

 

次のシーンもザリガニの駆除でした。

 

他にもブーツによるインセクトクラッシュがありました。

 

一番驚いたのが、生きたザリガニを靴の中に入れて、それを女性が履くシーンでした。さすがにこれはちょっと残酷だなと思いました。